低コストでサウンド提供ができる理由

低コストでのサウンド提供実現に向けて取り組んでいる事

EBISU MUSICはこれまで業界相場よりも低コストでサウンドを提供する事で、より多くのお客様に喜ばれるサービスを提供して参りました。

ここでは「なぜEBISU MUSICはクオリティを維持しつつ低コストでサウンド提供ができるのか?」といったご質問にお答えいたします。

 

①少数精鋭制

通常楽曲の制作プロセスでは「楽曲企画 → ラフ制作→ 打ち込み → 各パートのレコーディング → ミキシング → マスタリング」の行程を踏みます。これらの行程にはプロデューサー、ディレクター、アシスタント、トラックメーカー、演奏者、エンジニア等数多くの人が携わるので、その分人件費や外注費がお客様の負担となってしまいます。

EBISU MUSICでは「人件費や外注費を抑える」べく少数精鋭制を取っております。殆どの場合、制作のディレクションやトラックメイキング、ミキシングはEBISU MUSICが一貫して行い、業務提携を結んでいる少数精鋭のサウンドチームと密な連携を取る事でコストパフォーマンスを充実させ、低価格でのサービス提供を実現しております。

 

②「利用ライセンス」の導入

殆どの場合、楽曲の著作権は通常EBISU MUSICが管理しております。(著作権管理団体に委託するケースもあります。)

「利用ライセンス」方式は制作費にあらかじめ著作利用料を含める事によって「楽曲を利用するたびに発生する著作利用料やマージンをカットしお客様の負担を無くす」といった低コストでのサウンド提供を実現しております。詳しくはこちらをご覧ください。

 

③柔軟な制作スタイル・制作環境

アマチュア作曲家や経験の浅いサウンドクリエイター、ジャンル幅の狭いサウンド制作プロダクションに楽曲制作を依頼すると「ダンスミュージックは得意だけどクラシックは苦手」「使う楽器や構成が違うと制作環境が整っていないから作れない」といった問題が発生する事が多々あります。こうなった場合は「他のクラシック専門の作家に制作や作譜に外注する」といった事態に発展し、その分の余分な時間と手間、費用も発生してしまいます。

EBISU MUSICのサウンドチームはあらゆるジャンルに対応しており、きめ細やかな制作に耐えうる技術を持ち得ている為こういった事態を未然に防ぐ事ができます。「楽曲制作からスコアリング、収録まで一体型のサービスで提供可能な為サポートにバラツキが無く、低コストでのサウンド提供を実現しております。

 

EBISU MUSICまでご相談を。

EBISU MUSICはお客様へ最高のサウンド体験を提供するべく、迅速かつ丁寧なサポートとサウンドソリューションをご用意しております。制作やサービスに関する質問にもお答えできますので気軽にEBISU MUSICまでご相談下さい。

 

 無料相談・お見積もり・制作依頼のお申し込みはこちらから


 

-ご利用ガイド

Copyright© EBISU MUSIC , 2019 All Rights Reserved.