オーケストラとは?

更新日:

オーケストラ編成の楽曲依頼をご希望されるお客様へ

ここでは、制作サービスと併用してオーケストラ作編曲オプションをお申し込みされるお客様からよく頂く質問や、そもそも「オーケストラとは何なのか?」といった疑問にお答えしております。ご依頼される際にご参考下さい。

 

オーケストラとは?

オーケストラとは管弦楽、またその楽団を定義します。

オーケストラは通常「弦楽器」「木管楽器」「金管楽器」「打楽器」の4セクションで構成されております。

・弦楽器セクションは通常「1st バイオリン・2nd バイオリン・ヴィオラ・チェロ・コントラバス」から成り立ちます。

・木管楽器セクションは通常「フルート・オーボエ・クラリネット・ファゴット」等から成り立ちます。

・金管楽器セクションは通常「ホルン・トロンボーン・トランペット」等から成り立ちます。

・打楽器セクションは「ティンパニ・シンバル・スネアドラム・シロフォン・グロッケン」等から成り立ちます。

楽曲によってはコーラングレ(オーボエの仲間)、チューバ、ハープ、ピアノ、ドラム、エレキギター等の楽器が追加される事も多々あります。

 

EBISU MUSICにおけるオーケストラ楽曲の定義

オーケストラ作編曲オプションの利用対象に当たる「オーケストラの定義」は以下になります。

1. 楽曲に「弦楽器」「木管楽器」「金管楽器」「打楽器」のうち3セクション以上組み込まれている

2. 作曲・編曲においてオーケストレーションを要している

 

1. 楽曲に「弦楽器」「木管楽器」「金管楽器」「打楽器」の内3セクション以上組み込まれている

例えばバラードの歌モノ楽曲弦楽器と金管楽器、打楽器を取り入れた場合はオーケストラ作編曲オプションの利用対象に当たります。

また、楽曲に弦楽器だけを取り入れる場合はオーケストラ作編曲オプションの利用対象外として扱います。

 

2. 作曲・編曲においてオーケストレーションを要している

オーケストレーション(管弦楽法)とはオーケストラ編成の音楽を作曲する際の取り決めのようなものです。

EBISU MUSICではオーケストレーションの編曲法を重要視しております。

編曲法とはオーケストラ楽器の編成や、楽器同士の組み合わせ、セクション同士の組み合わせの事です。これら作曲・編曲に用いる必要がある場合はオーケストラ作編曲オプションの利用対象に当たります。

 

オーケストラ楽曲の制作依頼のお申込みはこちらから


 

-ご利用ガイド

Copyright© EBISU MUSIC , 2019 All Rights Reserved.